反射板のない自転車が意外に多いですが、安全性のためにつけることをオススメします。